MENU

審査の際の在籍確認で会社にキャッシングがバレる?

キャッシングの申込みをすると間もなく審査に入ります。審査の際には申し込んだ本人の属性や信用情報を調査します。そしてそれと同時に本人の在籍確認も行われます。在籍確認とは申込みの際に記入した勤め先に本当に在籍しているのかという事を確認するのです。金融会社は利用者が提出する本人確認書類1枚のみでお金を貸すので、その人が確実に返済をしてくれるという信用が担保になるのです。

 

返済の確実性を確認する為に、キャッシングの申込みをした人が本当に安定した収入を得ているかという事を確認する必要があります。その為に申告通りの会社に勤めているかを確認する事になるのです。

 

このような理由で在籍確認は審査の際には必須となります。それでも利用者からすれば会社に電話が掛かって来る事を快く思えないという人も多いようです。それは借金が会社にバレてしまうのを心配するからです。それでも利用者がどう思おうと金融会社は在籍確認を省略する訳にはいかないのです。そういう事でキャッシングでお金を借りたい時は、電話が掛かる事を覚悟しておく必要があります。

 

 

 

 

【金融会社からの在籍確認の際に不在だった場合はどうなる?】

 

 

金融会社は社名を名乗る事は決してないので、一度に金融会社からの電話であると思われる事はありません。個人名を名乗って電話をしてくるので安心です。
それでも金融会社からの電話はできる事ならば自分で取りたいものですね。それでも内勤でも無い限りはそれは難しい事と言えるかも知れません。営業職の人ならば留守中に在籍確認の電話が会社に掛かって来る事も十分予測できます。その時に本人が出ないとどうなるの?と疑問に思うかも知れませんが、全く問題は無いようです。

 

本人がその会社に本当に務めているという確認が取れればそれで良いのです。本人以外の人が電話を取った時は、留守中ならばそのように伝えてくれるはずなので、それで在籍確認は完了します。

 

それでもやはり自分以外の同僚が電話に出た場合は気になるものです。その為には事前に金融会社に電話を掛けて来る人の性別等を指定する事も可能です。更には役職名を付けて電話を掛けて来て貰う事で、仕事関係の電話と同僚も認識をしてくれる可能性もあります。金融会社も事前に依頼をする事で対応してくれる場合も多いようです。

 

最終的に留守中に在籍確認があった場合には、社内に戻った時に電話に出た同僚が電話があった事を伝えてくれる事になるでしょう。その時に怪しまれないような言い訳を1つ考えておくと良いかも知れません。

 

 

 

【在籍確認の電話に自分が出た場合】

 

 

在籍確認で本人が電話に出た時は、氏名、住所、生年月日を聞かれる事が多いです。その場合には正確に答える必要がある為に、同僚の目が気になるところです。その場合には電話を切った後に、教育ローンや車のローンの確認の電話だとさりげなく話せるように心の準備をしておく必要もあります。特に焦ったり慌てたりしなければ、意外に周りの人も気にしないものだと思うので、堂々としている事が大切です。